自宅の田んぼのコオイムシ

今日も自宅の横で田んぼ作業でした。
あとは田植えを残すのみで、明後日やることになっています。
いつも田植えは大型の機械を持った(ものすごく植えるのが早い)決まった方に頼んでいるし、範囲も広くないので、午前中で終わってしまいます。といっても今回は立会いさえできないのですが・・・
肥料用に田かき後に浮く田んぼの中の藁屑をひろい上げると・・・
去年に引き続いてまたいました。コオイムシ。

b0099538_17185549.jpg


去年見つけたときは地元誌のインセクトに短報として載せました。
宇都宮としては久々の記録だったためです。
ちなみに栃木県では記録上(分布が見直しされた後)では那須町と宇都宮市からしか見つかっていないことになっています。
本種は栃木県レッドリスト種(2011年にそれまでの準絶滅危惧から絶滅危惧Ⅱ類に格上げ)および、環境省レッドリスト種(準絶滅危惧)に選定されています。

b0099538_1723637.jpg


最初見つけたときはビックリしました。
こんな開発の進んだ住宅街の中の田んぼになんかいるものかと。
まあ、古くからあることは間違いないのですが。
それにしても2年連続(今年は気をつけて見ていたからというのもあるのですが)ということは、定着と言っていいような気がします。

生息環境はこんなです。

b0099538_17253827.jpg


そうそう、今年はこんなのも増えています。
ヒラタアオコガネ。
爆発的に今年多くなりました。
カキの若芽が食害を受けているので、初めはなんなのだろうと思っていました。
そしたら・・・

b0099538_17265590.jpg


こっちには集団。

b0099538_17271232.jpg


薬またかけないとだめだな・・・
フェロモントラップが富士フレーバーから出ているけれども、費用対効果はどうかなあ・・・
なんてことでゴールデンウィークは終わるのでした。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2013-05-06 17:32 | カメムシ目

<< 栃木県内におけるムシヒキアブの... ノグチアオゴミムシ >>