アサカミキリ

まだ健在でした。まさにヒマワリの種。(6月2日撮影)
生態写真はピントぼけぼけでまったくだめでした。
食痕もほとんどなく、まだ最盛期には早かったようである。
小さく「キイ」とないていたのは、他に仲間が見つからなかった寂しさからなのでしょうか?
聞くところによると、本種は韓国ではヨモギなどでも見られるらしい。
日本のものはヨモギからアサ、アザミへと食草転換したのかどうか?果たしてその真相は?
b0099538_0432262.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2006-06-12 00:50 | カミキリムシ科

<< ツヤケシハナカミキリ ホオズキカメムシ >>