アオスジアゲハ

家族サービスということで、2日間の晴れ間に北の方向へ行きたいのを泣く泣く250kmほど南下し、海へでた。
こちらの方で車を走らせると、5秒おきにモンキ・アオスジ・モンキ・アオスジといった具合に多数が車道にとびだしてくる。いったい何匹いるのか?
海水浴場の岩場ではユスリカの一種やアシナガバエの一種、ヤチバエの一種?などが見られ、何故か少し安心。砂場では多数のアオスジが吸水中であり、慣れないチョウを不器用な手つきで撮影してみた。この海水浴場は温泉も出ており、どうもアオスジはその周りで吸水しているのが多い。温泉成分のつぶが効く~(○ムラCMより)のか?
b0099538_21285723.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2006-07-18 21:36 | チョウ目(蝶類)

<< ルリボシカミキリ シナノクロフカミキリ >>