コガシラコバネナガカメムシ

これは今年の1月撮影の画像です。
このコガシラコバネナガカメムシというカメムシは非常にカメムシとしては変わった形態をしている。夏季にアズマネザサを強くスイープすると平地などで採れることがあるが、あまり数はとれない・・・と思っていた。しかし冬季にアズマネザサを割ってみると・・・うじゃうじゃと見つかった。
この虫・・・どうやって外に出るのだろう?というか外に出られるのか?
よく見ると、アズマネザサの茎中にたくさんの死骸がある・・・。???
b0099538_23475073.jpg

標本はこんな感じです↓
自然死するとみんな展足されたようにきれいな形になってしまいます。
南方にはエサキコバネナガカメムシというこの虫よりももっと細い変なカメムシもいます。
b0099538_2349955.jpg

なぜここで、この虫のことになったかと言うと、来たる11月3日に昆虫愛好会(栃木県)の年1回開催される談話会にてこの虫の生態が紹介されます。
是非、会場となります栃木県立博物館にお集まりいただき、この変わった虫の生態について触れてみてはいかがでしょう?
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2006-10-19 23:55 | カメムシ目

<< オオゴミムシ クモヘリカメムシ >>