アワツヤドロムシ

ヒメドロムシ科に属する微小甲虫である。
(水中のものを撮影したため、白くなってしまっています)
体長約2mm。普通種である。
清流などある程度流れのある場所で石や流木などにつかまっていたりする。
この時期でも成虫をとることができ、川底の石を足でガサガサやり、金魚網などを下流にスタンバイさせておくとカワゲラやトビケラの幼虫などどともに入ってくる。
普通の昆虫網の底をカットして吹き流し状にして、流れてくるヒメドロムシを捕る(なにかにつかまりたい性質があるらしい)なんて方法もあるらしい。
ただ・・・小さい虫なので採集した!という達成感はほとんどの人には薄いだろうなあ。
b0099538_18464252.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-02-27 18:48 | その他コウチュウ目

<< ミズスマシその2 バリの虫たち2 >>