ムネアカホソツツシンクイ

♀が伐採木に産卵に来ていた。
♀の前胸が赤いため、本種であろう。
伐採木や立ち枯れはこのような普段目にしないような虫たちの活動の場として貴重である。
立ち枯れを見栄えが悪いからと、やたらっめったら切ってしまうことは彼らの繁殖を抑制してしまう行為となりうる。
自然にとって何が必要か十分な知識を得た上で、里山や公園管理をしていくのが本来の姿ではないかと私は思う。
b0099538_8163253.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-06-22 08:17 | その他コウチュウ目

<< チャバネツヤハムシ ルイスナガゴミムシ >>