2006年 08月 19日 ( 1 )

 

アサギマダラのマーキング調査

今日はアサギマダラのマーキング調査のお手伝いをしてきた。
アサギマダラの「渡り」を調査するのに今では全国的レベルで実施されている調査である。
出勤中にもかかわらずお手伝いをしてきてよいかという申し出を許可してくれた会社に感謝!
肝心のアサギマダラは8月の初旬に下見したときから見ると激減していた。もちろん他のムシも。
アサギマダラは当地ではやはり8月初旬で数がピークであろうということだ。
それでも全員で200超のマーキングが出来た。みなさまご苦労さまでした。
目指すは台湾での再発見!となればよいのですが。

ヨツバヒヨドリで吸蜜中のアサギマダラ(これは♂)をネットで捕獲し・・・
b0099538_23234685.jpg

油性のサインペンで採集地・採集者・採集日を記入。
b0099538_2329087.jpg

こんな状態のものが再捕獲され、そのルートが解明されていく訳です。
b0099538_2323597.jpg


そしてその調査内容は「アサギネット」に登録します↓
http://www2h.biglobe.ne.jp/~pen/asaginet000.htm
マーキング調査したらここに登録し、再捕獲した場合はここのデータを見ればどっから来た個体なのかわかるわけです。
・・・肝心のカミキリは13種ほど見ましたが、本命(アルマン)はダメでした。
でも来年の楽しみができました。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2006-08-19 23:37 | チョウ目(蝶類)