カテゴリ:カミキリムシ科( 63 )

 

ルリボシカミキリふたたび

ぜったいにこの時期にいつもいるポイントに行ったらやはりいた。
美しきロザリアブルー。
こんな環境がずっとずっと残されていることに感謝。
b0099538_10402275.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2014-07-24 10:38 | カミキリムシ科

ゴマダラカミキリ

久々(というのもおかしいかな)に出会ったゴマダラくん。
ポーズをきめてきれたのでパシャリ。
超普通種だが、こいつらでさえもいなくなってしまった環境は寂しい。
b0099538_19331766.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2011-07-08 19:33 | カミキリムシ科

ミドリカミキリ

日光で土砂降りの雨の中出会った。
普通種だがスレンダーかつ美麗な種で私は好きだ。
この日は雨が止むことはほとんどなかったが、多くの虫たちに出会えた
b0099538_784559.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2010-07-12 19:06 | カミキリムシ科

日光散策

今日は3時ごろから雨が降り出すというので大慌てで出かけました。
目指すは刈込湖~切込湖~涸沼です。
湯本の温泉の源泉から登ります。
さて、現地に着くと・・・
小学生がたくさんいます。
修学旅行でしょうか?
まあ、ともに歩んでいきましょうか・・・
b0099538_17234955.jpg

刈込湖への山道はそれほどきつくない。
よって小学生でも登山OKなわけである。
途中、ピドニアの大群に出会う。
b0099538_17245766.jpg

1時間歩いていないと思います。
刈込湖が見えてきました。
b0099538_1725924.jpg

湖岸に到着。
澄んだ水・・・
b0099538_1727097.jpg

b0099538_17274273.jpg

エゾトンボの類が飛んでいます。
調べないと種はわかりませんが、たぶんタカネかな・・・
コムラサキもいました。
少しあたりを散策して、切込湖を目指します。
歩いて15分くらいでしょうか。見えてきました。
b0099538_17301297.jpg

ここを見過ごして、涸沼を目指します。
30分くらいで見えてきました。
b0099538_17292417.jpg

なるほど、涸れていますね。
b0099538_17314421.jpg

さて、小学生のみなさんでごったがえしていますので、先を急ぎます。
次に向かうは光徳です。
途中、シラフヒゲナガカミキリがいました。
b0099538_17335338.jpg

また、少し行くと、シリアゲが多数・・・
メスの周りにオスが5匹。
ツマグロってやつ??
たまにこういうの見かけるんですよね・・・
b0099538_17354013.jpg

牧場・・・
サシバエにやられまくってました・・・牛
b0099538_1737843.jpg

さて、湯本に戻りましょうか・・・道中長いですが・・・
鬼怒沼に比べたらたいしたことありません。
天気はまだもってくれているようなので、少しだけ散策・・・
来週のアサギマダラマーキングの下見をば。
b0099538_1739298.jpg

30個体前後が見られた。
来週になればもっと出てくるでしょう。
ちょうどよいようです。
カンバ類の材にはツマキトラカミキリが。
b0099538_17401944.jpg

カミキリのシーズンですね。
いつもの方々を・・・
カラカネハナ。
b0099538_1741718.jpg

ヨツスジハナ。
b0099538_17415057.jpg

帰りは雨のシャワーをあびながら帰りました・・・
バイクだったもので。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2009-07-30 17:31 | カミキリムシ科

ゴマダラモモブトカミキリ

言い忘れました。
今日の採集は現地に行って見たら栃木天牛党のツワモノの5人も揃ったのでびっくり。
皆で楽しく採集となりました。
成果的には普通種ばかりでしたが、一部を・・・
カミキリではまずゴマダラモモブトカミキリ、ハンノアオカミキリ、ヌバタマハナカミキリ、オオヒメハナカミキリ、フトオビカンボウトラカミキリ、ヤハズカミキリといったところでした。ブドウのツルから自身初記録のシロオビカミキリはちょっとうれしかったです。
b0099538_7561076.jpg

b0099538_7581748.jpg

オオトラフコガネがものすごい数います。
みな、葉っぱの上で何してるんでしょうか??
b0099538_75657100.jpg

Diptera的にはなんか珍品らしきクサアブかキアブのあたりの方が採れました。
後でよ~く調べてみるとしましょう・・・
ハチも面白いものが採れました。
やっぱりこの辺はよい!!
写真はヒロクチバエの一種と思われる個体。
b0099538_7592890.jpg

最後に湖を見にいきました。
画がよかったのでつい撮ってしまいました。
b0099538_801317.jpg

同行いただいた栃木天牛党のみなさま、いつもいつもありがとうございます。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2009-07-06 08:01 | カミキリムシ科

ハンノアオカミキリ

久々に日光にやってきた。
今期初日光。なかなか忙しくて来れなかった。
今の時期、本種はここではけっこうな普通種ではあるが、かなりの美麗種である。
夏の宝石と言ってもよい。
この虫を見るとああ、日光に来たなあと思います。
b0099538_743069.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2009-07-06 07:43 | カミキリムシ科

ノコギリカミキリ

ごく普通の普通種中の普通種だが、まじまじと見たことがなかった。
夜はあんなに飛び回るくせに、昼はこんなに静かなのかな?
でもカミキリっぽくないカミキリ・・・な気がする・・・
b0099538_19253574.jpg
b0099538_19254378.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2009-06-28 19:26 | カミキリムシ科

ビャクシンカミキリ

本日は晴天なり。
山間部にやってきた。
本日の目的はキマル。
つまりフタスジカタビロハナカミキリであった。
・・・が、肝心のヤマシャクヤクが一つもみつからず、疲労・・・

帰りに土場に寄ってみました。
たくさんのヒメスギカミキリを見ていたら、ふわっと降り立つものが。
ビャクシンカミキリでした。
栃木県では採集例が少なく、希少なカミキリである。
う~ん、いい感じです。
b0099538_19505270.jpg


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2009-05-09 19:51 | カミキリムシ科

アカガネカミキリ

今期最後となるであろう。この地は・・・
湖畔でヒメマスバーガーなるご当地バーガーののぼりを発見し、来期のチャレンジを誓う・・・
それにしてもご当地バーガー旋風はここまできているか・・・
さて、標高を上げ目的地にきました。
しかし叩けども叩けども彼は落ちてこない・・・
チャタテばっか・・・
もうめったやたらに叩いてやることにした。
ばかすか叩いていると・・・ダケカンバからコロッ!!!
きた~。
アカガネカミキリ!
う~ん、キュートでございます。

最後になりましたが、いろいろとご教示いただきましたなべさん、ありがとうございました。
b0099538_18182836.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2008-09-15 18:19 | カミキリムシ科

日光徒然

朝起きたら晴れてる!!ってことで出かけました。
ここは2年ぶりだが・・・やはりいいとこです。
「もののけ姫」を思い出します・・・。
b0099538_1928132.jpg

立ち枯れなどを見て回ります。
もう時期はずれですけどね・・・。
僅かに花弁が残ったノリウツギを掬うとドウボソが落ちてきた。
b0099538_19294388.jpg

ミズナラの立ち枯れ(だと思う・・・)ではクリイロシラホシカミキリ。
b0099538_19311544.jpg

夏の落し物ってかんじですね。
ハンノアオカミキリもさびしく・・・。
b0099538_19325426.jpg

コガタスズメバチの巣がありました。
やはりこのような地では里のものとはかなり巣の模様が違いますね・・・。
b0099538_1933531.jpg

移動・・・。
アサギマダラのマーキング会を行った地にやってきた。
まだちらほらいるようなので、マーキング②
b0099538_19352058.jpg

お、キジマトラカミキリがいました。
b0099538_1936642.jpg

マーキングを続けていると・・・上の方から網を持った方が下りてきます。
ご挨拶する・・・とその向こうから・・・H先生??
どうやらマーキングをしている模様・・・
ご苦労様です。
ご一緒されている方ははるばる喜界島からやってこられたF氏でした。
こんな辺境の地までご苦労様です。
バイタリティに脱帽です・・・。
さて、また少し移動・・・。
立ち枯れ(カラマツ?)で見つけた方々・・・
オオクロカミキリ、フタスジハナカミキリ。
b0099538_19412727.jpg

b0099538_19413952.jpg

帰りは一息いれようと隣市の鹿沼の名店「饗茶庵」にて水出しコーヒーをいただく。
水出しコーヒーはかなりの時間をかけて抽出する。
これが抽出する器具である。
この上のボール状の容器に水を入れ、一滴一滴ずつドリップするのだ。
そうすることで苦味が最小限に抑えられ、コーヒーのよい香りが味わえる。
b0099538_19441220.jpg

このお店は雰囲気もステキ♪
いつもいつも利用させてもらってます。
b0099538_19453368.jpg

b0099538_19454496.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2008-08-27 19:47 | カミキリムシ科