カテゴリ:ハムシ科( 29 )

 

オオネクイハムシ

オオネクイハムシ Donacia constricticollis (Jacoby, 1885)。栃木県ではレッドリスト種に指定されている。今日ちょっとだけ寄った場所では毎年見られるのだが、局所的で数もあまり多くない。しかも去年ごろから水環境が悪くなってきており、生息の存続が危惧される。大きな原因は、里山の荒廃。このあたりは棚田が多く、山間に田んぼが少なくないのだが、農業従事者の老齢化で放置されているところが目立ってきた。すると、田んぼをやらないから、水回りが悪くなる→周辺湿地の水回りにも影響する→乾燥化が進む→乾燥に弱い植物がやられる→その植物に依存する虫がやられる。こういう図式である。つまり人間が間接的にこういう虫たちの生息環境を守っていたわけで、その図式が崩れるとこういうことにつながる。そういう事実があまり知られていないことは事実で、我々のような虫屋がそういうことを伝える役割が多少ともあることを忘れてはならないと思う。

b0099538_1635247.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2014-05-24 16:32 | ハムシ科

オオサルハムシその2

オオサルハムシをまた見る機会に恵まれた。
今年は多いのかなあ・・・
b0099538_18293621.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2010-06-09 18:29 | ハムシ科

オオサルハムシ

朝、今日は一人かあ・・・と少し虚ろな感じで渡良瀬に向かっていた。
体調も悪いのでなおさら。
その道中、Oさんから予定変更して一緒に来ていただけるとのこと。
誰も来てくれないとOさんが来てくれるシステムに最近なっているらしい(笑)
一気に元気が出た。
そして、3年越しのついに!!のオオサルハムシ!!
見つけてみればつまらないところにばかりいる。
しかもまあまあの個体数。
難攻不落のハムシをやっとおがめた。
b0099538_1352454.jpg

う~ん、いい感じです・・・
b0099538_1353108.jpg

オオルリハムシもどばっと出てきた。
しかし渡良瀬ではもう虫は終盤といったところ。
小さな虫が多い湿地の国ですからね。
b0099538_13541954.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2010-06-06 13:54 | ハムシ科

ヤツボシツツハムシ

田んぼの脇でレモンイエロー色の比較的大きな美麗なハムシを見つけた。
これは上翅後部中央付近の紋が欠けているようだった。
b0099538_6192055.jpg

ジョウカイボンもたくさんいる。
この辺は比較的良好な自然が残されているようだ。
b0099538_621445.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2010-06-05 06:21 | ハムシ科

ガガブタネクイハムシ

クロガネの帰りにふと立ち寄った池・・・
あやしい・・・
b0099538_610467.jpg

じーっと見ていると、いました。
ネクイ!
イネかガガブタかと思いましたが、ガガブタネクイハムシのようです。
新たな生息地を確認できました。
b0099538_6145186.jpg


土場ではホタルカミキリがうじゃうじゃ。
まあ、今の時期はこんなもんですかね・・・
b0099538_613136.jpg
b0099538_6132488.jpg


ずっと運転させてしまったキベりんさんに感謝します。
ありがとうございました。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2009-06-08 06:14 | ハムシ科

クロガネネクイハムシ生息地、生息確認に

2月に報告した埋め立てられた生息地で果たしてクロガネネクイハムシがまだ生き残っているかどうか、確認に行ってきました。
MMさん、キベりんさんといっしょです。
さて、着きました。
b0099538_5582158.jpg

食草はなんとか少しだけありました。
b0099538_559156.jpg

いました!
絶滅はどうにか免れたようです。
b0099538_5593964.jpg

ペアも発見。
立派に繁殖活動していました。
b0099538_601210.jpg

ガニマタぶりも健在。
しかしこいつらは本当にどんくさい。
絶滅しちゃうぞ。そんなにのろいと。
b0099538_621564.jpg

シラハタネクイハムシも健在。
共演・・・
b0099538_625023.jpg

しかしモイワサナエは全然見られなかった。
おながかつおぞうむしもダメ。
やっぱり埋め立ての影響は大きい。

そのほかにもMSさんが近くで似たようなのを採った!ということを前日に聞いていたので、
その場所を確認させていただいてみてきました。
そしたらいました・・・
これで県内の生息箇所は2箇所確保。
探せばもう少し生息地がありそうな気がしました。
とりあえず本種についてはめでたしめでたし。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2009-06-08 06:06 | ハムシ科

クロガネネクイハムシ生息地再び・・・

近くに行ったので、前にクロガネネクイハムシを確認した湿地の様子を見てみようとよってみた。
着いて唖然・・・
b0099538_13205883.jpg

湿地が消えている・・・
土木工事によって埋め立てられたようだ。
ここにはシラハタネクイハムシ、オナガカツオゾウムシ、モイワサナエなど栃木県ではRDBに掲載されている種が生息していた場所なのだが・・・
あっけないものだ。
少し見てみると・・・
b0099538_13223254.jpg

上流部分はいくらかのこされている。
b0099538_13225721.jpg

スゲ類の群落も少しばかりあるようだ。
絶滅していないことを祈りたい。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2009-02-13 13:23 | ハムシ科

キアシネクイハムシ

今日は朝は雨がやっとあがってコンディションはいまひとつ・・・。
午後から出かけようかと思ったが、はたして何を見に行くか・・・。
カミキリもみなきゃなあ・・・でもネクイハムシも気になるし・・・。
カミキリ・・・ネクイ・・・カミキリ・・・ネクイ・・・。
カミキリが負けたようです・・・。
と言うわけでもうこの県にはいないんじゃないか・・・と言われているキンイロネクイハムシを確認しにいった。
約25キロ程度北へ。
ここはまだ来た事がない。
僅かな期待を胸にして来た・・・。
しかし・・・ヤツはいなかった・・・。
オニスゲ、アゼスゲはあちこちにあり、スゲハムシはいるものの・・・彼はいなかった・・・。
まあ、コンディションも悪いしなあ・・・。
あきらめ~。
ふと見るとジャコウアゲハがいる。
きれいなチョウだね。
b0099538_17525049.jpg

それならば・・・・
先日生体写真に失敗したキアシネクイポイントに行こうかなと・・・行ってみた。
棚田がきれい・・・。
b0099538_17543799.jpg

おお!やはりいる!
やっぱりスゲにはいない・・・。
近くのスゲにはスゲハムシだらけ・・・。
さっそく写真を・・・
撮りまくった・・・
帰ってよくみたら・・・
スゲハムシだった・・・
b0099538_17561676.jpg

が~ん。
肝心のキアシはぶれぶれ・・・
b0099538_17572595.jpg

あ!これは!と思ったら・・・後ろむき・・・www
だめだこりゃ・・・
b0099538_17565363.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2008-05-25 17:58 | ハムシ科

ヤナギハムシ

湿地のヤナギにたくさんいた。
定番の脱出した後のサナギはヤナギの葉の下にたくさんぶらさがっていた。
いいハムシですね。
b0099538_2375194.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2008-05-24 23:08 | ハムシ科

オオネクイハムシ

ネクイのシーズンである。
湿地ダイスキになるこのシーズン。
さっそくオオネクイハムシを発見。
分布が局所的で希少な種だ。
b0099538_20521293.jpg

いつもはスゲハムシもたくさんいるこの地には今年はオオネクイしかいない・・・。
どうやら時期をずらして棲み分けている模様。
ペアもあちこちで発見。
といっても10m×10mくらいの局所的な箇所。
b0099538_20535034.jpg

今日はこれに加えてキアシネクイがいるのかどうか確認するのが目的。
食草はガマやミクリだという。
ミクリはないと思うからガマかな?と思っていた。
果たしているのかどうか・・・。
おや・・・。
b0099538_20553439.jpg

なんかスゲとは違う植物にスゲハムシらしきものが・・・。
おかしいな・・・と思い、スイープしてみる・・・。
・・・とこれが!!キアシネクイであった!。
b0099538_20571933.jpg

ぶれぶれwww
どうやらついていた植物はコウキヤガラのよう・・・。
付近にガマもなく、食草転換してるのかしら・・・。
とにかくたくさんの個体を確認できました。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2008-05-23 20:58 | ハムシ科