カテゴリ:ゾウムシ科( 5 )

 

マダラアシゾウムシ

マダラアシゾウムシ Ectatorhinus adamsii Pascoe
装甲車のごとくかっこいいフォルム。
俺(私)は強いんだぞと言っているように見えた。
b0099538_1941614.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2011-07-08 19:41 | ゾウムシ科

オナガカツオゾウムシ

湿地周辺でドクゼリ畑とよぶのにふさわしいドクゼリの群生地に出会った。
いるだろう、ということで見ていくといるわいるわ。オナガカツオゾウムシの楽園であった。
ただ湿地の遷移が進んでいるようなので、いつまでこの楽園が続くか・・・それは微妙なところである。やはり人の手によるヨシの管理などは必要なのだろうなと改めて実感した。
b0099538_23155017.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-06-12 23:17 | ゾウムシ科

スゲのヒメゾウムシ

スゲヒメゾウムシ,ババスゲヒメゾウムシ,スゲノハラジロヒメゾウムシといったら今が旬のスゲに集まるスゲヒメゾウムシの3大スターである。といってもちっこいんですが・・・。良質な湿地が減っているので少なくなってきている種たちでもある。
その中でババスゲヒメゾウムシとスゲノハラジロヒメゾウムシは外観上は似ている。
似てない!一発でわかるわい!という方もいるだろう。
でも一応ここでは似ていることにしておく。
まずババスゲヒメゾウムシ。標本の善し悪しはごかんべん願いたい。
b0099538_17482893.jpg

次にスゲノハラジロヒメゾウムシ。上翅基部に白い鱗毛が生えているのがおわかりだろうか?
第3間室~第6間室にこのような鱗毛が生えているのが上面からの違いである。
b0099538_1749298.jpg

そして次は背面、ババスゲヒメゾウムシ。つるっつるである。
b0099538_17542884.jpg

そしてスゲノハラジロ。白色の鱗毛におおわれる。これが大きな違いである。
b0099538_17555788.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-05-21 17:57 | ゾウムシ科

タカハシトゲゾウムシ

里山のサクラを下から見上げたら、ああいるいる。
けっこうたくさんいるところにはいるみたい。こんな風に葉裏にへばりついています。
思いのほか、あたたかいとよく飛翔するみたいです(5月7日撮影)。
b0099538_23314213.jpg

b0099538_23341032.jpg
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2006-05-15 23:35 | ゾウムシ科

シュロゾウムシ

開きかかったシュロの花梗中にたくさんのシュロゾウムシがいました(5月1日撮影)。
b0099538_23223172.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2006-05-15 23:23 | ゾウムシ科