カテゴリ:その他コウチュウ目( 26 )

 

オビヒメコメツキモドキ

今日もきてしまった遊水地。
とにかくまた石でも起こそう。
先週何百も石を起こしたけれどまだ足りない気がして・・・。
それっつ。
ヨツボシテントウダマシは限りなくいるね~。
b0099538_15173651.jpg

春を満喫しつつゆったりと・・・。
つくしも漫画とかにある落とし穴の下にあるヤリみたく無数に生えてます。
b0099538_15195743.jpg

途中こういう景観もあります。
こういうwiding roadけっこう好きですねえ。
でも歩いてるとキジが横から急に飛び出してきたりしてびくっとします。
今日も2羽オスメス見ました。
b0099538_15221957.jpg

さて、ひたすら石おこしを続けていますと・・・
おお!また会えました。
オビヒメコメツキモドキ。
この縞々具合がいいですねえ。
b0099538_15234728.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2008-04-05 15:24 | その他コウチュウ目

コハンミョウ

若干の晴れ間が見える中、県南の湿地付近の乾いた荒れ地ではコハンミョウが乱舞していた。
海岸で岸壁沿いに乱舞するハンミョウたちを見にいきたくなった今日この頃である。
でも・・・遠いなあ。海無し県には他の多くの県がうらやましくてたまらない。
河川敷に海みたいのまでつくったりしているものなあ・・・。
海に対するあこがれは他の県よりもずいぶん強いと思う。
それに・・・早く明けないかな梅雨。
b0099538_654107.jpg

b0099538_6545479.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-07-11 06:55 | その他コウチュウ目

オオゾウムシ

まさに威風堂々のいでだち。
かなりかわいた材でも見つかる。
普通種であり、オオとつくがはあるが、かなりサイズが異なる種であると個人的には思う。
オオ!と思うような大きい個体から、あ?と思うよな小物まで様々である。
b0099538_544745.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-07-06 05:43 | その他コウチュウ目

ハイイロゲンゴロウ

やっとゲド戦記みれました。
う~ん、ストーリーをうったえかける力と、人物描写、また、アニメであるが故のあの動きありえね~な感じはちょっとほしいかなという個人的な感想です。伝わるものは伝わりましたけどね~。いまいちしっくりきませんでした。
今日も雨、しばらく雨や曇天らしい・・・。虫屋にとってはこの時期大敵である。
ゲーテの最後の言葉ではないが「もっと光を」っていう感じです。
明日もフィールドにでなければならないのに・・・。
ゲーテさま、梅雨前線などどっかにやってあゲーテくださいまし。
そんなおやじギャク(2)はいいとして。高地の水溜まりにはハイイロゲンゴロウが泳いでいた。
つまんでみたところ、このゲンゴロウぶ~んぶ~んってよく飛ぼうとしますね・・・。
b0099538_7505712.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-07-04 07:51 | その他コウチュウ目

ムツモンミツギリゾウムシ

今日は手始めに土場から。
ドバッと木が置いてあるから土場?ドバッと虫がとれるから土場?
そんなシュールなおやじギャグはいいとして、ルッキングする・・・。
b0099538_7414910.jpg

条件はあまりよくないが、活発にカミキリたちが飛翔している・・・。
いつもの人たち・・・。キイロトラ。
b0099538_7453648.jpg

ゴマフ・・・。
b0099538_7461467.jpg

キンケトラ。大爆発。
b0099538_747164.jpg

そんな中、光り輝く茶色とはっきりした黄色い紋。
あきらかにカミキリとは違う質感。
これは・・・。
ムツモンミツギリゾウムシ!
生きた個体ははじめてみました。どうやらブナの伐採木にきていた模様。
このフォルム。ミツギリゾウムシ科に属するものは本当に特異なやつらである。
b0099538_7495586.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-07-02 07:50 | その他コウチュウ目

ムネアカホソツツシンクイ

♀が伐採木に産卵に来ていた。
♀の前胸が赤いため、本種であろう。
伐採木や立ち枯れはこのような普段目にしないような虫たちの活動の場として貴重である。
立ち枯れを見栄えが悪いからと、やたらっめったら切ってしまうことは彼らの繁殖を抑制してしまう行為となりうる。
自然にとって何が必要か十分な知識を得た上で、里山や公園管理をしていくのが本来の姿ではないかと私は思う。
b0099538_8163253.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-06-22 08:17 | その他コウチュウ目

ヒゲナガオトシブミ

長い首でえ?なに?どこどこ?と言っているようなオトシブミ。
よく見かける種だが、とても愛らしい格好をしている。
b0099538_832214.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-06-02 08:32 | その他コウチュウ目

ニワハンミョウ

こうやってみるとまさにハンターという感じですね。
ほかにも(ナミ)ハンミョウもみられましたが、すぐ逃げられちゃいました。
まさに道教えという名にふさわしい行動をします。
私の場合は、そのおかげで道に迷ってしまうこともあるんですけどね・・・。
b0099538_8371994.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-05-10 08:37 | その他コウチュウ目

ミズスマシその2

もうミズスマシが泳いでいる。
暖冬の影響でしょうか?
マツモムシはあいかわらず元気。
b0099538_19351088.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-03-08 19:36 | その他コウチュウ目

アワツヤドロムシ

ヒメドロムシ科に属する微小甲虫である。
(水中のものを撮影したため、白くなってしまっています)
体長約2mm。普通種である。
清流などある程度流れのある場所で石や流木などにつかまっていたりする。
この時期でも成虫をとることができ、川底の石を足でガサガサやり、金魚網などを下流にスタンバイさせておくとカワゲラやトビケラの幼虫などどともに入ってくる。
普通の昆虫網の底をカットして吹き流し状にして、流れてくるヒメドロムシを捕る(なにかにつかまりたい性質があるらしい)なんて方法もあるらしい。
ただ・・・小さい虫なので採集した!という達成感はほとんどの人には薄いだろうなあ。
b0099538_18464252.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-02-27 18:48 | その他コウチュウ目