カテゴリ:オサムシ科( 14 )

 

ノグチアオゴミムシ

本当に久々に採集に出かけた。
やはり今年からもう誰かとでないと採集に行く口実が作れなくなってしまった。
1ヶ月に1度採集に行けれがいいかな・・・という感じです。

だから本当に嬉しかった。

まずはMさんと。初めて駅で待ち合わせし、お会いしたが、見た瞬間すぐわかった。
絶対に虫屋だと思った。
そういうオーラを放つ方だった。
そしていろいろと教えていただいた。
感謝申し上げます。

その地で見たノグチアオゴミムシ。今期最初の虫となりました。

b0099538_1648435.jpg


そして、次の場所ではOさんと待ち合わせ。
MさんとOさんは10年ぶりに会うとのことでした。
虫屋の大先輩とご一緒する機会が最近は多くて本当にありがたいです。

双方の場所で目的は果たせませんでしたが、とても有意義な時間でした。
ありがとうございました。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2013-04-20 16:54 | オサムシ科

ニッコウオオズナガゴミムシ

ゴミムシ屋さんなら誰もが憧れる虫だと思う、このニッコウオオズナガゴミムシ。
アンバランスな頭部、大あご、前胸背すべてよい。
ところがこの地だと石起こしで比較的簡単に得られる。
不思議なところ。
b0099538_1812952.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2010-06-08 18:12 | オサムシ科

フタモンクビナガゴミムシ

久しくupしていなかったので死んだのかと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが・・・
生きてます。一応・・・
冬はあまり体調がかんばしくないのでいつもより採集は控えめにしています(嘘という人もいるかもしれませんが・・・)
で、このフタモンクビナガゴミムシ。
田んぼの畦や湿地でごそっと越冬しているのが見ることができます。
或る意味ほっとするムシです。
b0099538_17544396.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2009-01-28 17:53 | オサムシ科

ナガゴミそれぞれ

里山にトラップを設置していたので、その回収に向かった。
1ヶ月以上ほったらかしにしてしまった。
しかし・・・それが今回功を奏すことになるとは・・・

こんなところに設置してみました。
標高150m程度と低い地ですが、一応ガレ場になっています。
b0099538_18271942.jpg

こんな感じで設置しました。
地中性のヤツラを捕ってみようってことで・・・
b0099538_18281946.jpg

3個しか設置していなかったのですが、まずは1個目。
ヒット!
アブクマナガゴミムシです。
八溝・阿武隈に固有な種です。
b0099538_18294160.jpg

さて、2つ目2つ目。
アブクマナガの追加あるかなあ・・・
と思い、トラップを引き上げてみて・・・戦慄が走る・・・
オオズがいる・・・
b0099538_18303931.jpg

まさかこんなところに・・・
分布的にもかなりおかしいです。
県内ではぽツンとここだけってことになります。
ニッコウオオズナガゴミムシ・・・(後日確認したところ、本種ではなく、P.yamizosanus Sasakawa 2005 でありました。)
まさかまさかの結果でした。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2008-11-18 18:32 | オサムシ科

ニッコウオオズナガゴミムシ

またもOさんと・・・
トラップをのぞかせていただいた。
山はもうすっかり色付いている・・・
b0099538_1874329.jpg

こういうガレ場に彼らはいます。
こういうところをのぞいてみるわけですね・・・
b0099538_18103673.jpg

トラップにわ!!
ニッコウオオズ!!
う~ん、よいゴミムシですね。
b0099538_18114392.jpg

これもニッコウの名のつくゴミムシ。
ニッコウホソヒラタゴミムシ。
なかなかよいゴミムシ。
b0099538_18152222.jpg

しかしながら今回はゴミムシ的には少ないようです・・・
メクラチビもトライしましたが撃沈・・・
またトライしたいと思います。
Oさんありがとうございました。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2008-10-22 18:16 | オサムシ科

オガナガゴミムシ

Oさんにご同行させていただいた。
トラップを設置してあるというのでその回収だ。
b0099538_2341338.jpg

一発目のトラップでオガナガゴミムシとホソアカガネオサムシ。
オガナガは栃木県にタイプロカリティーがある栃木のゴミムシと言っても過言ではない立派なゴミムシ。この前胸背がいい!実にいい!
b0099538_238982.jpg

別のトラップでは生きた個体も見ることができた。
いや~よかった。
b0099538_2384834.jpg

メクラチビにもトライしたのですが・・・う~ん
疲労困憊です・・・
帰りバイクでガス欠しましたしね・・・
また来月の目標ができました。
最後になりましたが、Oさんありがとうございました。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2008-09-25 23:23 | オサムシ科

オソレヤマミズギワゴミムシ

那須の殺生石。
超メジャーな観光スポットである。どなたでも一度は耳にしたことがあるだろう。
栃木県ではここでしか確認されていない虫がいる。
それがオソレヤマミズギワゴミムシ。
硫黄の臭いのきつく感じる石の下に生息しているという情報をOさんよりいただき、是非目にしたいと前々から思っていた虫である。
さて、やってきました。
不思議な雰囲気の場所です。
b0099538_12255960.jpg

これは盲蛇(めくらへび)石なるもの。
言い伝えが記されています。
b0099538_1226309.jpg

さて、歩道から降りて石をひっくりかえすと、いました。
こんな硫黄臭ぷんぷんのところによく生息できるものです。
b0099538_12275853.jpg

幼虫も確認。
何食べてるんでしょうか?
b0099538_1228376.jpg

同所ではミギワバエの一種が多数石にたかっています。
こいつらの幼虫食べてんのかもしれないなあと思いつつ、ビンに入れた幼虫と成虫を見ると共食いをしている・・・。
幼虫はあっという間になくなってしまいました。
あああ・・・やっぱり肉食なんだ・・・。しかもどう猛。
不思議な昆虫だなあ。
b0099538_12303058.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2008-07-05 12:37 | オサムシ科

オオヨツボシゴミムシ

アリスに会いたいっつ!!
別に女子のことではない。
アリスアトキリゴミムシのことである。
今日はそろそろいい頃だろうということでやってきた。
さて・・・どこにいるかなこの広い遊水地内・・・。
とりあえずカワラケアリの濃いところをあたってゆく・・・。
いないぬお。
しかし・・・ヨシの伸びるのは早い。
もう腰くらいまできている。
1ヶ月前は芽だったのに。
b0099538_17402047.jpg

クワの葉の成長も早い。
もう実がつきはじめてる。
そこにたくさんのオオユスリカの類がはりつく。
b0099538_17412090.jpg

石をひっくりかえし続けたが・・・みつかりませんでした。
でも、ここ特有のゴミムシ、オオヨツボシゴミムシに会えたのはなによりも救いだった。
また来年挑戦かなあ。
なんかだんだん少なくなってるみただしなあ・・・。
b0099538_17423256.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2008-04-29 17:43 | オサムシ科

ワタラセハンミョウモドキ

今日は待ちに待った渡良瀬遊水地での採集。
ゴミムシをたくさん採るのだと意気込んでバイクで1時間半ほど走ってきた。
そして現地ではOさんにご案内していただいた。
ヨシ焼き2週間後の湿地はヨシの芽が出始めている。
b0099538_18444264.jpg

そこらじゅうの石という石をおこしてみる。
去年調査したスジハサミムシモドキがけっこう見られた。
こういうとこにこの時期は潜んでいるのだな。
b0099538_18454356.jpg

アオゴミムシなんかはやたらいます。
b0099538_18485055.jpg

湿地の朽木をOさんが崩してみてくれました。
すると・・・
b0099538_18502520.jpg

でました。アカガネオサムシ。
いいオサムシです。
栃木県では分布が局地的であるため希少種とされています。
b0099538_1847836.jpg

コガシラアオゴミムシも出てきました。
b0099538_18542463.jpg

また別のところでは・・・
石をおこすと・・・
オビヒメコメツキモドキいました!!
このムシもここ以外ではめったにお目にかかれません。
まさか今日見られるとは思っていませんでした。
この虫も栃木県では希少種です。
b0099538_18531389.jpg

さあ、今日のメインです。
ワタラセハンミョウモドキ。
この虫はこの地にタイプロカリティーがあります。
今日は思いのほか太陽が出てきてくれているので、活動しているはずと・・・
きてみました。
こんなとこにこの虫はいます。
b0099538_18555370.jpg

いました。
感激です!!
生きた個体ははじめてみました。
すばらしー。
b0099538_1905169.jpg

他にも石おこしでカジムラヒメナガゴミムシ発見。
上翅の虹色光沢がすてき。
b0099538_1914671.jpg

オオヨツボシゴミムシ。
鮮黄色の紋がとても美しい。
この色は標本にすると色あせてしまうのが惜しい。
b0099538_1941624.jpg

ほかにもトネガワナガゴミムシなどを得てもうお腹いっぱいです。
しかしOさんのひきは物凄いものがあった。
感心を超えて感動すら覚えた。
Oさんありがとうございました。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2008-03-30 19:07 | オサムシ科

ルイスナガゴミムシ

自宅の常設ピットフォールトラップに毎年この時期に落ちてくる。
(ちょっとぴんぼけってますが・・・)
赤紫色の頭部、胸部がとてもメタリックで美しいゴミムシである。
宅地化が激しい地域のため、この自然を保てるのはあと何年だろう。とてもとても難しい問題だ。この環境を一度全てこわしてしまったなら二度とお目にかかることはできないだろう。
b0099538_8274355.jpg

こういった問題を抱えている人は幾人もいるのだろうな。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-06-21 08:28 | オサムシ科