カテゴリ:カメムシ目( 25 )

 

エサキアメンボ

今日はわりと近くの沼で水辺の生き物調査会に参加。
ここの沼では初めての調査会だそうです。
けっこう多数の皆さんが参加してました。
これがその沼です。沼の下流に影響が出ないように水を何日もかけてぬいてたそうです。
これでも深いとこに行くと胸くらいまで水につかってしまいます。
b0099538_1431743.jpg

こうやって刺し網を入れて調査をします。
この調査はブルーギルの駆除も兼ねてます。
b0099538_14321751.jpg

b0099538_14323527.jpg

網で追い込んだ魚をみんなで捕獲します。
さあ、何が捕れてるでしょうか。
b0099538_14335925.jpg

おお、けっこうな型のヘラブナがいますね~。
軽トラックにブルーシートをはっていけすにします。なるほど・・・いいアイデア。
b0099538_14344445.jpg

これが問題のブルーギル。
b0099538_1435574.jpg

稚魚を加えるとかなりの数が生息しているようです。
生態系への影響は計り知れません。
b0099538_14363181.jpg

さあ、ほかには何がとれたでしょうか?
こどもたちに説明しながら見ていきます。
b0099538_14375570.jpg

ヌマエビ。たくさんいます。近くの用水路にもまだまだたくさんいるみたいです。
b0099538_1439447.jpg

エビをとりながら、かっぱえびせんなんか食べてみたりします。なんてね・・・。
b0099538_1439583.jpg

種ごとにこのようなクリアで平坦な水槽に入れて見やすいようにして説明していきます。
b0099538_144122100.jpg

問題のブルーギル。こうやって見るとキレイな魚ですね。ワルイやつだけど・・・。
b0099538_1441528.jpg

タイリクバラタナゴ。
b0099538_1442398.jpg

ヌマムツ。
b0099538_14431747.jpg

ヨシノボリ。
b0099538_1444258.jpg

ムシはタイコウチが水路で採れました。
b0099538_14453286.jpg

そして、Sさんが上の方の湿地付近で捕獲したエサキアメンボ。
今となってはなかなかお目にかかることはできません。
b0099538_1447988.jpg

b0099538_14473241.jpg

そしてこれらの捕獲した種はすべて記録され、今後の保全活動などに生かしていきます。
b0099538_14485457.jpg

最後にみんなで差し入れされたお赤飯と豚汁をいただいて解散となりました。
ジュースやお茶、お菓子などもたくさんいただきました。
たいへん満足な半日でした。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-11-18 14:52 | カメムシ目

ジュウジナガカメムシ

私としてみればエックスナガカメムシといいたいところ。
群生していた。よくこういうことがあるらしい。
雌フェロモンへの集合パターンなのか、それとも集合することにより捕食を避けているのか?
b0099538_652966.jpg

最近、ガッキー(新垣結衣)とゴッキー(ゴキブリ)の発音が聞き取りにくい今日この頃です。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-07-27 06:55 | カメムシ目

ヒメイトアメンボ

湿地の倒木をよけてみたらその下には無数のイトアメンボ。
おそらくヒメイトアメンボと思われる(イトアメンボはそんなに確実な生息地が確認されていない、精査する必要はありますが・・・)。
湿地の様々な環境を利用して生きる昆虫たち。
普段我々が目にする何気ない物にも依存している昆虫はたくさんいるものだ。
b0099538_8202677.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-06-01 08:20 | カメムシ目

ノコギリヒラタカメムシ?

伐採木上で交尾をしていた。
互いに直角になるような変な体勢で交尾をするのだなあと思いながらながめていた。
ノコギリヒラタカメムシっぽいのですが、この辺はまだまだあやしいのでとりあえず?としておきます。
b0099538_852610.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-04-18 08:52 | カメムシ目

ミズギワカメムシ

今年はほんとうに暖冬ですね。
飛んでいるユスリカやガガンボダマシなどの双翅目昆虫もいつもの年より多い気がします。
里山の水田近くではミズギワカメムシ(体長約3mm)がぴょこぴょこ。
・・・画像が悪いのですが・・・。
ほんとうに暖かいのですね。
b0099538_12485867.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-02-20 12:52 | カメムシ目

バリ島のカメムシたち2

また間があいてしまいました。
前回のつづきです。
b0099538_8364054.jpg

バロンダンスなんてものを見てしまってまったり。
b0099538_8371537.jpg
b0099538_8373712.jpg
b0099538_8375530.jpg

日本で南方にいるものと同じ種を図鑑で見た記憶があるのですが・・・。
後で検索したいと思います。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-02-13 08:39 | カメムシ目

バリ島のカメムシたち1

更新がしばらくぶりになってしまいました。
1月の下旬からバリ島に数日間滞在。
b0099538_1226724.jpg

まさに常夏。
b0099538_1228790.jpg

ランブータンや・・・
b0099538_12282865.jpg

ドリアンなどがなっています。
b0099538_12265290.jpg

そして神々の棲む島。
そんな中で海岸付近で出会ったカメムシたちをのせてみたいと思います。
b0099538_1229589.jpg

浜辺で大量発生していたやつら。
b0099538_12291552.jpg

幼虫です。
b0099538_1230293.jpg

リゾート地にカメムシ。いい感じです。
・・・つづく。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-02-03 12:31 | カメムシ目

コガシラコバネナガカメムシ

これは今年の1月撮影の画像です。
このコガシラコバネナガカメムシというカメムシは非常にカメムシとしては変わった形態をしている。夏季にアズマネザサを強くスイープすると平地などで採れることがあるが、あまり数はとれない・・・と思っていた。しかし冬季にアズマネザサを割ってみると・・・うじゃうじゃと見つかった。
この虫・・・どうやって外に出るのだろう?というか外に出られるのか?
よく見ると、アズマネザサの茎中にたくさんの死骸がある・・・。???
b0099538_23475073.jpg

標本はこんな感じです↓
自然死するとみんな展足されたようにきれいな形になってしまいます。
南方にはエサキコバネナガカメムシというこの虫よりももっと細い変なカメムシもいます。
b0099538_2349955.jpg

なぜここで、この虫のことになったかと言うと、来たる11月3日に昆虫愛好会(栃木県)の年1回開催される談話会にてこの虫の生態が紹介されます。
是非、会場となります栃木県立博物館にお集まりいただき、この変わった虫の生態について触れてみてはいかがでしょう?
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2006-10-19 23:55 | カメムシ目

クモヘリカメムシ

里山のあぜ道を歩くとたくさんのクモヘリカメムシが、ふ~~ン,フ~~ンという感じでそこらじゅうで飛んでいた。
イネ科植物の害虫であるが、こうして見ると緑鮮やかで、スレンダーなボディで、なかなかカッコよいではないか。・・・と私は思うんですが。
b0099538_2235186.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2006-10-09 22:44 | カメムシ目

アカマキバサシガメ

ヤマブドウの葉裏に前脚腿節が太く、格好のよい赤くきれいなカメムシを見つけた。
マキバサシガメ科に属するアカマキバサシガメであった。
希少種として挙げられることの多いベニモンマキバサシガメとは前脚の腿節下面の突起の状態で区別できる。
山地のほか、里山などでも見かける。
この個体は山地のものである。
このカメを見つけたすぐ後に、3匹の大きなヤマドリがテケテケと怖がる様子もなく目の前を横切っていったのであった。
b0099538_0133949.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2006-10-04 00:17 | カメムシ目