カテゴリ:トンボ目( 14 )

 

オオシオカラトンボ

さかんに縄張りをアピールしていた。
ノシメトンボが近づこうものなら、「おい!」という感じで追い払っていた。
b0099538_19371936.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2011-07-08 19:37 | トンボ目

ハッチョウトンボ

今日の調査の帰りになおやんさんが案内していただいた湿地。
残念ながら調査対象範囲外。
ハッチョウトンボに2年ぶりに出会った。
いつもながらかわいらしいトンボだ。
寒くてうまく飛べないようだった。
b0099538_18223277.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2010-05-30 18:22 | トンボ目

チョウトンボ

仕事の途中、チョウトンボの池に寄ってみた。
たくさんの個体が池面を飛翔していた。
ギンヤンマの類、ショウジョウトンボも見られた。
こういう池って今は少ないので、貴重であるなあ。
b0099538_1820521.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2009-07-16 18:21 | トンボ目

秋はじめのトンボたち

今日は里山の調査でした。
きれいな晴天です。
田んぼでもみな稲刈りの真っ最中。
そんな林道を行く。
b0099538_23352883.jpg

よく目につくトンボはノシメトンボ,アキアカネ,マユタテアカネであった。
そんな中にたまにいます。
ミルンヤンマ。
林道をちょっと入った細い道に飛んでいました。
b0099538_2337175.jpg

定番のオニヤンマもいます。
おっとこのオニヤンマは一味違います。
何が違うかわかりますか??
b0099538_23401651.jpg

じゃーん。ツマグロオオヨコバイつきなのです。
こんなとこにくっつくなんて、らぶりー。
b0099538_23405555.jpg

アシグロツユムシも出てきました。
b0099538_23412866.jpg

アザミではアカアシカスミカメが吸汁してるのかな?
きれいなステンドグラス模様。
b0099538_23422992.jpg

そして池ではギンヤンマ(逃げられた~)、マユタテ、オニヤンマを確認。
ここではなぜかマユタテが優先種のようで、みんな追っ払ってしまう。
やっぱり赤い色って強烈なんかな~。
そんな中飛び込んでスイスイ飛翔するきらめく影。
ズバッツ(網で捕った音)
タカネトンボであった。。。
きれいなトンボだね。
b0099538_23461984.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2008-09-17 23:53 | トンボ目

ハッチョウトンボ

里山の湿地ではネクイハムシがもう終焉。
少々のフトネクイがいるくらいになってしまった。
変わってこちらのかわいらしいハッチョウトンボがお目見え。
ここではたぶん初だと思われる。
久しぶりに見た希少なトンボだ。
同じく希少なムカシヤンマもたくさん飛んでいた。
b0099538_1974878.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2008-06-13 19:08 | トンボ目

モイワサナエ

最近めっきり数が減少しているサナエトンボの1種である。
この湿地では比較的多数が生息していたため、少し安心した。
生態写真をとろうとするとみんなぷいっと逃げてしまった。
♂個体を多く見たが、うすいブルー色の斑紋が美しいトンボである。
サナエトンボの類はなんといってもこの胸部の斑紋が同定のポイントとなる。
だから横にしての標本が多いのだけれども、自然に止まっている姿で標本に残す方がよいのかもしれないなと思う今日この頃である。でも場所とるんですよね~。
b0099538_8142648.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-06-15 08:15 | トンボ目

ヒメクロサナエ

河川敷を歩いているとヒメクロサナエがいた。
ちかくではモイワサナエが羽化したてで、翅を陽光に当てていた。
サナエトンボの類は胸部の模様が同定のポイントとなる。
しかし、今の時期は羽化シーズンまっさかりという感じで、湿地や河川敷ではそこらじゅうで羽化したての個体をみつける。
羽化したての個体・・・食してみるのはやっぱり勇気がいるな・・・。無理・・・。(詳しくは下記事を参照)
b0099538_872670.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-06-07 08:07 | トンボ目

ムスジイトトンボ

淡いブルーがきらめく小さなイトトンボがヒシの葉の繁茂する池上を優雅にダンスしていた。
このムスジイトトンボも最近では減少しており、見られる場所も限定されてきているらしい。
「水」や「水辺の植物」に依存しているような虫たちはその環境がなくなることで二度と目にすることができなくなる。復興できると勝手に思いこんでいるのは我々人間の方なのだ。
b0099538_8113629.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-05-30 08:11 | トンボ目

クロスジギンヤンマ

池の上を悠然と高速で飛び回る青い光をはなつ物体。
ヤンマの類を捕獲する時は人は侍にならなくてはならぬ。
高速飛翔する背後から水平に切るように捕獲するのだ。
「ずばっつ」。
捕獲成功。見事な色彩である。
死んでしまうとなぜこの色が保たれないのかが口惜しい・・・。
b0099538_8253496.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-05-19 08:26 | トンボ目

シオヤトンボ

このトンボが増えてくるともう夏服でよいシーズンになる。
虫もどっと増えてくる時期だよという合図だ。
b0099538_8404633.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-05-14 08:41 | トンボ目