カテゴリ:その他の虫たち( 49 )

 

コタキナバルその1

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
本年もマイペースにやっていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

さて、1月9日よりマレーシアのコタキナバルに行っていました。
私自身は2度目の渡航でしたが、前回のことをほとんど覚えてませんで・・・
昆虫に触れられたのはほんの少しでしたが、その模様を少しだけご紹介します。

コタキナバルから南に車で約1時間ちょっとのバタフライファーム(観光地)に行ってきました。標高はだいたい700mくらいだそうです。ここで夜、ライトトラップを見せていただきました。
その前に展示している標本がありましたので、それをご紹介します。

b0099538_190115.jpg
b0099538_1859432.jpg
b0099538_18593449.jpg
b0099538_18592362.jpg
b0099538_18591459.jpg
b0099538_185988.jpg
b0099538_18585745.jpg
b0099538_18583335.jpg
b0099538_18582234.jpg
b0099538_18581256.jpg
b0099538_1858156.jpg
b0099538_18575375.jpg
b0099538_18572599.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2014-01-14 19:00 | その他の虫たち

ハラビロカマキリ

庭のアブラムシの様子を見にきたら、う・・・産んでる・・・
ハラビロカマキリが、、、産んでる最中。
夜見たらまだ産んでました。
何時間かかるのか、明日の朝も見てみます。
b0099538_2124540.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2013-10-27 21:06 | その他の虫たち

マツムシ

自宅の裏山(草地)からマツムシの鳴き声が聞こえてきた。



秋ですね。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2013-08-27 20:09 | その他の虫たち

鶉氏と

鶉氏とだいぶ前からの約束で採集にでかけた。
私の場合、誰かと約束していると採集への足取りは軽い。
採集=コミュニケーションの場と考えているからだ。コミュニケーションにより得るもののほうが単独行より多いと考えている。まあ、そんなことはともかく、いつも訪れるこの地は何度来てもすばらしい発見がある。虫とはそういうものである。しかし素晴らしい景色・・・(ちなみに朝7時・・・)
b0099538_18143796.jpg

湖畔に流れついた方々。

ウンモンテントウ。たくさんいた。
b0099538_1816351.jpg


エゾハルゼミももう終盤かな。あることで必要なので、こいつの抜け殻を今日は100ほどとりました。
b0099538_18165233.jpg


湖岸に多かったマツシタトラカミキリ。
b0099538_18173143.jpg


おや、こんな時期もいるのだね。ヒメツチハンミョウ。
b0099538_18182993.jpg


本当によいところだああ。県内でも有数だと思う。
b0099538_18191165.jpg


鶉氏が呼ぶので行ってみると、ヘリグロアオカミキリ。久しぶりです。
b0099538_1820268.jpg


カミキリは他にも。フトオビカンボウトラカミキリ(カンボウトラカミキリ)。比較的多かった。
b0099538_18214952.jpg


オーダーをこえて談合中?
b0099538_18223488.jpg


こうやってみると、本当にきれい。
b0099538_18225839.jpg


何ギングチ??惜しくも逃す・・・
b0099538_1823477.jpg


場所を移して・・・

鶉氏がまた呼ぶ!(いやな(プラスの意味で)予感)
げ!ジュウニキボシ!なんと!
b0099538_18245597.jpg


お食事中ですか・・・(共食いかい・・・)
b0099538_18255447.jpg


ホシキアブかな?
b0099538_18263483.jpg


ぐいぐいっ!
b0099538_18273797.jpg


さて、この辺で雲行きが怪しくなってきましたので。早めに退散です。
帰りは名物(勝手に名付けた)のジャンボシュークリーム(普通ののだいたい4個分だけど230円という破格)をいただいてしばし語らって、帰路につきました。
まだ報告できないけれど、この採集行でおそろしい発見がありました(見つけたのはもちろん私ではない9.
鶉氏はやはりすごいなと改めて感じた次第です。
鶉氏とはまた来月!感謝!
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2013-06-30 18:32 | その他の虫たち

里山の虫

里山に行ってまいりました。
6月なので、虫も植物も本番を迎えており、とてもよい時期です。

ここにはこんなかわいらしい優雅な舞いを見せるディプテラがいます。
ニッポンヒメコシボソガガンボ。


またこんな方々も。
ニセシラホシカミキリ。
b0099538_1831391.jpg


ナミマガリケムシヒキ。
b0099538_18321491.jpg
b0099538_183296.jpg


これらを食ってやるぞとばかりに。
トウキョウダルマガエル。
b0099538_18325643.jpg
b0099538_18325027.jpg


久々にほのぼのいたしました。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2013-06-15 22:25 | その他の虫たち

夏本番

夏本番を迎えて平地の里山に行ってみました。
天気がいいのが何よりでした。
休耕田などが多数あり、よい湿地が残されています。
b0099538_922125.jpg
b0099538_924364.jpg

ここで今日はじめて見た虫はムシヒキアブ!
シオヤアブです。
b0099538_932536.jpg

イチモンジチョウも出てきました。
b0099538_942965.jpg

しかし、なんだか虫が少なめです。
今年は日光方面以外はどうもみんなこんな感じです。ちょっと気になりました。

アカヘリサシガメ。
b0099538_951585.jpg

沼地化したところもあります。
こんなところはトンボの楽園となっています。
b0099538_961396.jpg

多数のアジアイトトンボに混じって、これはオゼかな?
b0099538_964964.jpg

サキグロムシヒキ。共食いしています。
b0099538_973215.jpg


夜はライトトラップを久しぶりにやってみました。
私のはすばやくセットできて、すばやくたためるだけのあまりよいセットではありませんが・・・
幻想的です。
b0099538_991020.jpg

たくさんの蛾とともにこんな客が。
ヘビトンボ~。
b0099538_910588.jpg

どさっ!と重いのがきた!と思ったら、シロスジカミキリでした。
b0099538_9104356.jpg


夏本番を迎えた虫たちの息吹を十分に感じ取れたよい日となりました。
感謝。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2012-07-01 09:13 | その他の虫たち

関東カメムシ採集合宿(後編)

前回の続きです。
2日目の模様を少しだけ。
1日目の夜はライトトラップをやりました。
といっても道具など、ハンディライト以外はもっていっておりません。
ではどうしたかというと・・・
宿の方に虫を採っていることをお知らせし、夜はせっかくなので、宿の周りを見回らせてもらって、
灯りにくる虫を採りたいとお願いしました。
そうしましたら、昔使っていた電撃殺虫器の、ライトだけ機能するものがあるよと!そして、夜までに用意させてもらますよと!本当ですか!ということで、用意していただきました。
宿の方には大変、感謝いたしております。ありがとうございました!
こんな人里離れた(一般車すら入ることは許されない)場所で、ライトトラップができるなんて!
で、採集しているところは撮影しなかったので、翌朝の様子だけ・・・
b0099538_2051287.jpg

こんな感じでした。
本当は寝るときに使う白いシーツを使いたかったのですが、それをやっちゃあ人間お終いだなと思い・・・
やりませんでした。当たり前ですね。
後になってわかったのですが、ここで採れた蛾。すごいのがけっこういたのです。
機会があったら報告したいとおもいます。

そして朝も残っていたオオミズアオ。いつ見ても綺麗です。
b0099538_20523491.jpg

宿の様子を・・・
入り口・・・
b0099538_20531542.jpg

中の様子を一部だけ・・・
b0099538_20534776.jpg

ノスタルジックです。昭和初期の雰囲気ですごく私は好きです。
いつまでもこのままでいていただきたいものです。

一方、外では先日の台風の影響が。
土砂崩れがあって写真のような岩が川に落ちてきたそうです。
その際、車がつぶされてしまったそうです。行ったときは大規模な工事が進められていました。
一日も早い復旧をお祈りしています。

b0099538_20564781.jpg

工事している道をゆくカメムシの勇者たち。
b0099538_20571519.jpg

さて、宿を出て、午前中いっぱいこの辺りで採集です。
こんな河川敷がけっこうあります。
b0099538_2058387.jpg

こんな河川敷のオオバヤナギ(だと思う)にいるのはこんなベニモンツノカメムシ。
b0099538_20593074.jpg

鶉氏によれば(話だけでの推測ですが)、Elasmostethus amabilisではないかとのこと。
確かに小さめの個体ばかりです。う~ん、ベニモンはでも難しい・・・
おや、キベリタテハも。
b0099538_217248.jpg

きれいなミヤマカラスアゲハもたくさん見ました。
ヘビやトカゲ類も数が多い。
手付かずの自然が多く残されている証拠でしょう。
b0099538_219472.jpg
b0099538_2195870.jpg

そのほか、すばらしい虫たちが多数。
カメムシ隊もすごい発見があったと!すばらしい成果ばかり!
本当にすばらしい採集合宿になりました。
そして、帰りは宇都宮にて、正嗣の餃子のとりことなっていただきました。
やはり、採集とグルメ(ついでに温泉)は一緒に味わいたいものです。
すばらしい出会いとすばらしい環境に感謝。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2012-06-24 20:44 | その他の虫たち

関東カメムシ採集合宿

関東カメムシ採集合宿ということで、仕切らせていただきました。
場所はやはり、奥日光がいいんじゃないかということと、カメムシの記録があまりない奥鬼怒に設定しました。
そして全国からすばらしい方々が集まった宇都宮の朝。
少し朝からトラブルがありましたが、なんといっても天気がいい!問題なしです。
さて、奥日光に着くと、出迎えてくれたウスバシロチョウ。
b0099538_2121996.jpg

あいかわらずいい環境です。
b0099538_2124512.jpg

ひたすら林道をいきます。
カメムシ隊は途中でもリターを探りながら進みます。
b0099538_2134498.jpg

しばらく歩いて、ヤセオオヒラタカメムシを去年観察したポイントに辿りつきました。
そしてしばらく探していると・・・いた!
b0099538_2143070.jpg

しかしながら、ほとんど数が見つからないこのカメムシ。
今日はなんということか、ものすごくいます。
b0099538_2151410.jpg

湖畔にやってきました。
先日の台風でいろいろな虫の死骸がうちあがっているとおもわれ、岸を丹念に見て行きます。
b0099538_2162581.jpg

b0099538_2184181.jpg

流木上にはいろいろな虫が見られます。
ツノカメムシの仲間も。
b0099538_219765.jpg

そして・・・図鑑で見慣れた・・・まさか・・・これは!
ツッマグロコメツキ!
b0099538_2110914.jpg

緊張でぶれてしまいましたが・・・
b0099538_21104834.jpg

感動いたしました。
このほかにここで2種のコンボウハバチ(見たことない)を得て・・・なにがなんだか。
エゾハルゼミも打ちあがっています・・・
b0099538_2112974.jpg

周りで見つけた方々・・・
定番のエサキモンキツノカメムシ。
b0099538_2113345.jpg

シギゾウな方。
b0099538_21132588.jpg

すごい虫の濃さです。
さすが奥日光!

ここでタイムアップ。
次の場所に移ります。
奥鬼怒です。
ここでは数々の伝説が生まれています。
そして泊まる宿でも楽しみが!
こんな昭和初期の感じの宿でした。
b0099538_2115047.jpg

この夜にも数多くの伝説が生まれたのですが、割愛します・・・

そして次の日・・・

続きはまた後程。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2012-06-23 20:58 | その他の虫たち

11月、カメムシ行

本日は、カメムシスペシャリストの皆さんと採集でした。
エンピコさん、鶉さん、たくじーこさん3人と栃木県の茂木方面へ。
まずは鎌倉山。
11月も下旬だが、日当たりのある場所は暖かい。
b0099538_1503021.jpg

ビーティングしていると、見慣れぬクモが。
おお、お久しぶりでございます。
カトウツケオグモ様。
b0099538_1513595.jpg

標高200m程度だが、よい自然が残されている。
よい景色。
b0099538_152215.jpg

次にホームグランドに移り、湿地などを見てみることに。
今年もいました。オオコオイムシ。
今年栃木県レッドリストに指定された種ですが、この地にはたくさん見られます。
b0099538_1534630.jpg

その他、ボタンヅルグンバイ、スゲハムシ、オオネクイハムシ、メノコツチハンミョウなどが見られた。
b0099538_1545243.jpg
b0099538_155076.jpg

ここで、再び移動。
益子の高館山へ。
小屋の周りを見ていると、鶉さんが、今、北上を続けている。このカメムシを発見。
マツヘリカメムシ、栃木県東部では新記録。
(写真がぶれぶれですいません)
b0099538_157928.jpg

すばらしい、仲間と11月であるというコンディションを考慮するとこの上ない成果。
感謝感謝。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2011-11-22 21:57 | その他の虫たち

奥鬼怒探訪

前日からテンション下がってました。
今シーズン、本格的な採集が最終日なのに・・・
雨、栃木県どこに行っても雨なんて・・・
でも仕方ないので、最終行っちゃいました。
まず、奥日光方面に出かけましたが、ほとんどだめな状態なので・・・毎年行く奥鬼怒方面に行くことにしました。
容赦なく降り注ぐ雨。
奥日光から奥鬼怒にぬける林道も土砂崩れのあとが多数・・・
しかも寒い・・・
でも採集するんです!(意地)

こんなきれいな源流。
b0099538_18143361.jpg

飲んでみましたが、飲めました(下痢とかも後でしなかった)。
雨だから、叩く方専門でやってみました。
すると・・・
ごぶさたです。コブヤハズカミキリ。
b0099538_18154110.jpg

おや。
羽化したてかな。美しい。
b0099538_18163837.jpg

ルリハムシも多数。
久しぶりにたくさん見ました。
オオがつかなくても十分単独できれい。
b0099538_18175260.jpg

ガガンボモドキsp.・・・翅に紋があるやつは初めて見ました。
(後日、達磨氏より同定をいただき、ツマグロヒメガガンボモドキ Bittacus marginatusであるとのこと、感謝いたします!)

ピンボケですが・・・
b0099538_18191710.jpg

これは・・・
派手にやったものです。
2箇所こういうところがありました。
鹿の仕業でしょうか?
b0099538_18221927.jpg


・・・ずーっと雨でした。
が、なかなかの種数に出会えました。
しかし、こちらはもう秋の様相。
急速に秋が深まっていくことでしょう。
今シーズンもいろいろな思い出をくれたフィールドたちに感謝。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2011-08-21 18:23 | その他の虫たち