<   2007年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

コガタクシコメツキ

カタクリハムシと同じところに群がっていた。
雌フェロモンの影響であろうか?
この辺のコメツキはなかなか同定が難しいので難儀である。
b0099538_2021223.jpg
b0099538_2022419.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-04-28 20:02 | コメツキムシ科

カタクリハムシ

ユリの類だろう、ぼろぼろに食い散らかされていた。
カタクリハムシが大発生していることによるものだった。
こんなにきれいな紅色をしているのにどん欲な食欲だ。
b0099538_82324.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-04-27 08:23 | ハムシ科

セモンジンガサハムシ

このグループは本当に美麗な種が多い。
図鑑を見て知っていたとして、生きたこれらの種を見た時、あまりの違いにびっくりすることだろう。自分の眼で太陽の光のもとで観ることが命に触れるということであり、他の生物への畏敬をいだくことにつながる大切なことなのだと思う。
b0099538_18442636.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-04-26 18:46 | ハムシ科

ハマダラハルカ

ややひらけた雑木林の中で太いカエデやネムの樹環をすばやく飛んでは止まり、飛んでは止まるマダラの翅をもったガガンボのがっしりしたような双翅目昆虫が目に入った。
この時期に発生するハマダラハルカであった。飛翔し、止まるする様子はすばやいガガンボとアシナガバエを足して2で割ったような感じか・・・?
環境省のレッドリストでは情報不足に指定されている。
学名がいい。ハルカ・エレガンス。いい・・・。
ガガンボと同じく体弱そう・・・と思い、ネットインしてみたら案の定、脚がもげた・・・。
b0099538_1240335.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-04-25 12:41 | ハエ目

春の登山.com

今年はじめの登山、ねらいはヒラヤマコブハナカミキリただひとつ。
さあ、行こうかと車を駐車場に置くと、いきなり大型バスが横付け。
降りてくるは降りてくるは30人はいたであろう。同じ山を登ろうというのだ。
本当に今は中高年の登山ブームなのだなあと言わざるをえない。
集団で準備運動をしている間に、いっしょになってはたまらんとばかりに急いで登りはじめる。
登頂はじめにテングチョウが出迎えてくれた。
b0099538_861413.jpg

ちょうどこの時期は頂上付近でイワウチワが咲き始めであった。
観光客の狙いはこれか!
b0099538_87588.jpg

頂上付近はよいブナ帯であった。
夏は素敵な場所と化すであろうに・・・。
ここではヒオドシチョウが出迎えてくれた。
b0099538_8125786.jpg

ブナの立ち枯れではでかいタカラダニの一種。おもわず撮影。7mmはあるだろう。
b0099538_814263.jpg

しかしなかなかいいカエデの樹洞がみつからない。
うーん。やはり超難関種・・・。
と思ったところに明らかにアカハネムシとは違う飛翔をする赤い甲虫を発見!
ついにきた!と思いたまらずスイープする!
b0099538_816992.jpg

あああ・・・あなた(ベニヒラタムシ)でしたか。
でもこの平たさが素敵。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-04-24 08:18 | その他の虫たち

イボタガ

タケウチエダシャクをなんとか見られないか!と思い出撃したのであったが、山中で得られたのはこの大きな、模様の素敵な今が旬のイボタガであった。イボタの樹を食草とする大きな蛾である。模様が気持ち悪って思う方もいるかもしれない。
b0099538_8215641.jpg

しかし、女性二人を連れて採集に行ったのだが、こんなにすずしくて蛾もその他の虫も飛んでいない中、外灯の下で採集網を狂ったように振り回す人たちを見たら、「外灯をあがめる会」みたいに思われても仕方ないな・・・なんて思ったりもした。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-04-23 08:24 | チョウ目(蛾類)

ハネビロアカコメツキ

里山の伐採木上でハネビロアカコメツキを見つけた。
太陽光に当たると、上翅がまさに紅色にかがやく。
どんなルージュもかなわない素敵な輝きをもつエレガントなコメツキなのである。
b0099538_12552024.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-04-21 12:55 | コメツキムシ科

ミヤマルリハナカミキリ

やや山地の方にあるカエデにきていた。
湿地帯でも場所によっては平地の方で観察することができる。
b0099538_2164445.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-04-20 21:07 | カミキリムシ科

コジマヒゲナガコバネカミキリ

サクラが終わると、待ちに待ったカエデのシーズンである。
一般の方にはなじみがないであろうが、虫屋さんにとってはカエデの方が価値が数段高いのは承知の事実であろう。
たとえ、行った先のカエデがつぼみであったとしてもたまらずスイープしてしまうのが虫屋さんの性であろう。
b0099538_8493275.jpg

ヒナルリハナカミキリのような超普通種をはじめ、写真のようなコジマヒゲナガコバネカミキリなどを得ることができる。ときにはあっ!というものも含まれていることがあるからあなどれない花、それがカエデなのである。
b0099538_8503528.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-04-19 08:50 | カミキリムシ科

ノコギリヒラタカメムシ?

伐採木上で交尾をしていた。
互いに直角になるような変な体勢で交尾をするのだなあと思いながらながめていた。
ノコギリヒラタカメムシっぽいのですが、この辺はまだまだあやしいのでとりあえず?としておきます。
b0099538_852610.jpg

[PR]

  by ryuhixryuhi | 2007-04-18 08:52 | カメムシ目