<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

夏の終わり・・・日光

今年も夏の終わりにやってきた。
昨晩は寒く、3時間ほどしか寝れなかった。
寝袋を忘れた(意図して)ので、ナイター用のシーツにくるまって寝た。
蛾まみれ(爆)
朝8:30から散策する・・・
b0099538_22112068.jpg

林道もいつもよりひやっとする感じ。
ハナアブもほとんど飛んでいません。
ムシヒキはいました。

アキアカネが秋の訪れを告げています。
b0099538_22121069.jpg

そんな中、なかなかお目見えしない方も。
スズキナガハナアブです。
県内では1例のみ。
アシナガバチっぽいですね。
でもこの擬態のモデルは存在しないんだとか。
なんかすごくよい虫です。
b0099538_2214207.jpg

歩くと自然の造詣はすばらしいと思う・・・
このミズナラ、人の顔に見えませんか?
サザエさんのあなごさんみたいに唇が・・・
b0099538_22153665.jpg

湖に来ました。
近くは通るのですが、ちゃんと見たことがなかったもので・・・
b0099538_22161679.jpg

b0099538_22162760.jpg

ヤママユガの幼虫でしょうかね。
綺麗・・・
こんなに緑・・・
b0099538_22203198.jpg

さあ、今期の日光はこれにておしまいです。
また来年に課題が残りました。
来年もよろしく、日光。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2009-08-24 22:21 | 未分類

キカマキリモドキ

土曜の夜はナイターだった。
いつも遊んでくれるなべさん、達磨さん、雷太さん、なおやんさんが揃った。
なおやんさんは足がつらそうだった。
鬼怒沼の疲労がまだぬけていない様子・・・すいません・・・
で、ナイターしていると、なんか寒い。
蛾の数も少ない。
今年はどうしちゃったんでしょう・・・
そんな中、多数現れたこのカマキリモドキ。
かっこいいですねえ。
b0099538_2271365.jpg

集まった昆虫を狩っています。
う~ん。
カマキリみたい。
b0099538_2275245.jpg

このほか、ここではカワラバッタやムツモンミツギリゾウムシ、ムラサキトビケラなどの希少種がお出ましになった。
みなさんいつもありがとうございます。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2009-08-24 22:09 | その他の虫たち

鬼怒沼再び

再び鬼怒沼に行こうと思った。
今回はなおやんさん、雷太さんもいっしょです。
意気揚々と女夫渕に到着、集合時間の2時間半前にきちゃいましたので、街灯周りをしてきました。
夜も明け、みな集合し、いざスタート!!
b0099538_6272047.jpg

b0099538_628359.jpg

いつもの橋を渡ります。
ちなみにこっから露天風呂がまるみえ。
b0099538_629451.jpg

さて、前回あまり細かく道中を表現できていませんでしたので、今回は少し詳しくお話させていただきます。
まず、このハイキングコースを行くわけです。
掲示がされています。
かなり長いコースですね。
b0099538_631255.jpg


ここから奥鬼怒温泉郷までは約3キロ。
平坦な道なのでルッキングをしながら進む。
b0099538_6345697.jpg

・・・と、栃木県RDBのチャイロスズメバチが!!
こちらの方では結構見かけるという方がいますが・・・なるほど。
b0099538_6341925.jpg

ちょっとぶれぶれの写真で恐縮ですが、ルリボシカミキリをなおやんさんが見つけました。
いつみても綺麗。
b0099538_6364935.jpg

さて、ひたすら歩いて、八丁の湯到着です。
b0099538_6374772.jpg

次は加仁湯を目指します。
道中10分くらいでしょうか。
b0099538_6395664.jpg

着きました。
奥鬼怒温泉郷の中では一番人気があるところかも。
いつもたくさんの宿泊客がいるみたいです。
b0099538_640485.jpg

また10分くらい歩く・・・
と今度は日光沢温泉。
この温泉郷では一番古い宿です。
ここが鬼怒沼に向かうのに最後の水場となります。
b0099538_6423439.jpg

さて、ここからは完全に山道です。
急登が続きます。
ここから約6キロくらいかな?
b0099538_6434624.jpg

途中、滝があります。
これはノシ滝。
b0099538_6444724.jpg

b0099538_6451595.jpg

木道などもあります。
しかしよくこんな山奥に作ったものだ。
労力に感心する。
でもこの木道、意外と足にくるんですよね・・・
b0099538_6463018.jpg

3キロ?くらいくるとオロオソロシの滝の展望台にたどり着く。
ここで皆一休みすることが多い。
だいだいへとへとになっている場合が多いものですから。
b0099538_648036.jpg

b0099538_6481148.jpg

ガイドブックにはここからゆるい上り坂とか書いてあるものもあるようだが、そんなことはない。
断言します。違います。
急な登りがけっこうあります。
等高線で見るとそうでもないよ・・・と仰っていた夫婦がおりましたが、いいえ、違います。
どんどん登りましょう。
b0099538_650283.jpg
b0099538_6503713.jpg
b0099538_6504645.jpg

b0099538_6511350.jpg

疲れ果てたところにこの看板はうれしいです。
なおやんさん、もう少し!!
b0099538_652051.jpg

もう少し!
b0099538_6523337.jpg


カウントダウン!!
b0099538_6525632.jpg

着いた!
b0099538_6533857.jpg

いつものように視界が開ける。
また来たよ!!
b0099538_6541958.jpg

う~ん、いい感じです。
あのきつい道を登ってきて、急にこの風景になると感動します。
みなさん、嬉しそうで何よりでした。
b0099538_6553634.jpg

では景色をば・・・
b0099538_6562097.jpg

木道が一部新しくなっていました。
b0099538_6564530.jpg

しかし、きれいなところですね。
ここに来ると、下界に帰りたくなくなります。
b0099538_6573039.jpg

b0099538_657549.jpg

肝心な虫を見ないと・・・
数が明らかに少ないです。
あれだけいたカオジロトンボはかなり少なくなっていました。
そして驚いたのはその警戒心。
前は10cmくらい近寄ってもなんともなかったのですが、今回は1mくらいでみな逃げてしまいます。
時期でこうもかわるものか・・・
なんとか近づいて撮りました。
b0099538_6594418.jpg

写真は撮れませんでしたが、この他、トンボはオニヤンマのようなヤンマ、ルリボシかオオルリボシ、おそらくカラカネトンボ、オゼイトトンボ、アキアカネ、ウスバキトンボが見られた。
また、メススジゲンゴロウがうじゃうじゃと・・・うれし~。こんなに見れるなんて。
最後にこれを目的に見に来たといっても過言でない、アシボソネクイハムシ。
いました。
たぶん時期的に遅かったんだと思います。
1匹のみでした。
でも・・・金ぴかでした。
けっこう飛び回っており、俊敏なことがわかりました。
スゲハムシやオオネクイ、フトネクイのようにどんくさくない。
嬉しかったです。
帰りは苦労してまたもと来た道を帰りました。
帰り・・・クマに遭いましたけど・・・無事でした。

なおやんさん、雷太さん、本当にお疲れ様でした。御礼申し上げます。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2009-08-21 07:08 | その他の虫たち

マメハンミョウ

ここのところよい天気が続きますね。
やっと夏になったっていうところですか・・・
虫的にはもう終わり的な感じですが、まだまだ元気が虫たちもいます。
b0099538_17242261.jpg

マメハンミョウの大量発生。
ちょくちょく見る光景です。
一般の方には気持ち悪がられていることが多いようです。
b0099538_17253938.jpg

駆除される前によく観察してみます。
b0099538_17262221.jpg

なかなかかっこよいと思うのは私だけでしょうか・・・
しかし、陽が直接当たるところにはいず、やや日陰になっているところに集まっているようだ。
b0099538_17272498.jpg

ペアも多数発見。
この植物の横には田んぼがあるのだが、陽が当たるようになるとその中に皆逃げていく。
今日はここでコムラサキも発見してしまいました。
住宅街の中に以外といるものであるなあ。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2009-08-16 17:29 | その他コウチュウ目

5年目だよ!アサギマダラマーキング

今日はとち昆のアサギマダラマーキンング会でした。
5年目だと思います。
たぶん皆勤賞はH先生と達磨さんと私だけだと思います。
そんなわけで早速湯本スキー場にてGO!
b0099538_1635453.jpg

今年はちょっと数が少ないような気がします。
先週の状況を見ると、たぶん来週がピークな気がします。
さっそく捕獲。
♂ですねこれは。
後翅の後方が黒く紋になっています。
b0099538_1653852.jpg

どんどんマーキングしていきます。
これは♀ですね。
黒い紋がありません。
そしてちょっと大きめ。
b0099538_1662740.jpg

これが当地でよく来る花。
ヨツバヒヨドリです。
ハナアブもたくさんきていましたので、たくさん数のいる方はさておき、ベッコウハナアブやヒメシロスジベッコウハナアブ(たぶん・・・)をつまむ。
本当は他のすごいハナアブを狙っていましたが、やはり見つかりませんでした。
ムシヒキはまあまあ納得のいくのが採れました。
b0099538_1692346.jpg

この花にはマルガタハナもよく見る。
b0099538_1610112.jpg

おっとこれはすでにマーキングされた個体ですね。
b0099538_16103870.jpg

開始して2時間で終了です。
どれくらい数いったでしょうか。300くらいかな・・・
昨年が倍以上だったので、少なく感じるかもしれませんが、例年だとこのくらいでしょう。
最捕獲率は1%以上ですので3個体以上は、南方で再捕獲されることでしょう。
大いに期待!!
・・・と雨が降ってきました・・・
今日はこれにて退散するしかなさそうです・・・
終了後、一応といつものご神木を見る。
今年もいた。ゼブラ。
毎年この樹には何かいる。何の変哲もなく、樹種もよくわかっていないが、不思議な樹だ・・・
b0099538_1614998.jpg

帰りは足湯につかり、なべさんのシュークリーム(店の名も知らないので勝手にこう名付けている)をいただいて帰路につきました。
[PR]

  by ryuhixryuhi | 2009-08-09 16:19 | チョウ目(蝶類)